スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場のエルタ ローカル用語集 地名編

・ママ
マザークリスタル、並びにその付近のこと。

・青石
プロディのクリスタル、並びにその付近のこと。

・赤石
アレスのクリスタル、並びにその付近のこと。

・黄石
エルトのクリスタル、並びにその付近のこと。

・こころ/心
フェアバンド中央の「心変わりの橋」のこと。

・09
フェアバンドからアマルカントに入ったすぐの位置保存近辺のこと。
祭壇防衛戦のラインのひとつ。
位置保存にいるルメニゲ大佐の所属する小隊が09小隊のためこう呼ばれる。

・目
アマルカントMAPを人の顔に見立て、目にあたる場所にある小高い丘のこと。
ただし呼び方としては、たとえば「右目」と言ったときに、
対面しての右目なのか顔自身の右目なのかによって場所が変わるため
思ったより使いづらい呼び名ではある。

・災い
アマル中央の「災いの地」、並びにその真ん中の水溜り付近を指す。

・トンネル
ペルペリン三叉路とジーグムント砂漠の間にあるトンネルのこと。

・T
ジーグムント砂漠からケイヒルデビルに向かうノアルートの途中にある重要ポイント。
ヴァレリーボアやヴァレリーボアリリトゥのいる三叉路のこと。

・ゴレ3
ジーグムント砂漠から砂の滝ルートで堕落の地へ向かう途中の重要ポイント。
ゴーレムが3匹いる三叉路という意味で使われる。

・イオタ上
イオタ位置保存の北の崖を登った場所。
チェパ族の拠点。

・棺
ケイヒルデビルとオビスの廃墟の間にある棺のこと。
集合場所や報告場所として稀に名前が出る。

・門
ケイヒルデビルと廃坑ランフェールの間にある大きな門。
ヴェリシモの祭壇や噴水につながる重要ポイント。

・虫博士
廃坑ランフェールMAPの少年NPC「ファーブル・アルフォンソ」のいる位置保存。
MAPの表記は「旅人の休憩所」となっている。
少年の肩書きが「昆虫学者」のためこう呼ばれる。

・ギド/ギド裏
レグホーンMAP中央上部、「ギド前哨基地」のこと。
ギド表とはカルモから灰の森を結ぶ中央ルートのことで、
ギド裏というのケイヒルからヴェリシモ経由で木こりの狭路へ抜ける裏道のこと。

・トーテム
レグホーンMAP、ギド裏から木こりの狭路へ抜けるルートが本来の名前だが、
場所の目安としては木こりの狭路にある位置保存の近辺を指す。

・アナントル
レグホーンMAP中央の「ミルザ釣り場」から右下に伸びる細道のこと。
ここからテルメスMAPに抜けることができるため、
ミルザ攻防戦においてテルメスルートの重要な通過点&監視ポイントになる。

・ブト3/新ブト3
灰の森MAPにある希少種ブト定点狩場。
レグホーンMAPとペルペリン三叉路を結ぶ最北ルートの中央のT字をブト3、
そこから南下して道としてはロータリー的十字路になっている箇所を新ブト3と呼ぶ。
ミルザ攻防戦においてルートの一部、また集合場所として挙げられる。
由来はもちろん「ブトが3匹いる場所」である。

・叫び
灰の森MAPの左下にある「叫びの大地」と呼ばれる場所、
またMAP上の「叫びの大地」と「ミルザデビール」の文字のちょうど間にある小路のこと。
ミルザ攻防戦における通過ルート及び集合場所として挙げられる。



ゲーム内で使われている用語のうち、地名をまとめて見ました(「・ω・)「

コメントの投稿

非公開コメント

今までゴレ3はゴーレムが三匹いるからだと思ってた(´・ω・`)

どっちでもいいんじゃないかなw
修正しておきます(「・ω・)「

いつも防衛でお世話になってます

ネットに繋がらなくなっててin出来てないですけど、木曜には復帰します\(^o^)/
ゴレ3って実は私もゴーレム3匹居るからだと思ってました(〃ω〃)

Re: いつも防衛でお世話になってます

きっとゴレに関してはどっちでも!w
木曜日にお会いできるのを楽しみにしてますね(///∇//)
プロフィール

ユファトニー/メロディア

Author:ユファトニー/メロディア
オンラインゲームMMORPG
<サービス終了>
戦場のエルタ
 ―ロードオブマーシャル―
サーバー:ノース
所属国家:ケルベロス/緑
レギオン:花鳥風月


長い間お疲れ様でした
ありがとうございました
皆様お元気で

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最新コメント
最新記事
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。